column#5 こんなに!?リフォーム工事の想定外の出費

リフォームをやってみて思っていた以上に金額がかかってしまったという話をよく耳にします。では、いったいどういう項目があるのでしょうか。ぜひ、参考にしてみてください。

(1) 契約後の工事内容の追加変更...
約までの打ち合わせが大切です。自分の思いを明確に伝え、プランや見積の説明をしっかりと受けましょう。それでも、工事を進める中で他も良くしたくなってしまうものですので、その代わりに調整(減額)できる箇所がないか工事担当者と相談して提案してもらいましょう。

(2) 予期せぬ補強工事の発生...
リフォームではどうしても「開けてみないと分からない」箇所が出てきてしまうことがあります。見積説明のときに工事範囲がどこまでか、また予想できる追加工事とその大まかな金額を確認しておくことが大切です。

(3) 家具、カーテンなどのインテリア類の購入...
リフォーム後のイメージをした上で、今あるものをどこまで再利用するかを明確にしておくとよいでしょう。

(4) 住まい、税金、登記など工事以外の費用..
自分にはどういった項目が該当するか調べましょう。

これからリフォームをする予定の方、もしくは考え中の方は、以上のことを、念頭においてリフォーム計画を進めていってください。